せったい海藻農園 無農薬・無化学肥料・天日干しのお米販売

生き方に関する記事一覧


1日2食・断食・瞑想 玄米食 生き方 食と健康

無農薬の玄米は何が良いのか知りたくありませんか?①栄養素、②微生物=健康の部分。腸で全身の免疫の7割が作られるため、微生物がいっぱいのお米を食べる事が大切です。③波動、氣、生命エネルギー=閃き、創造、インスピレーション。チャクラ、丹田、松果体。直感、閃き、創造、クリエーションが大切な人が行う。アップルのジョブズが有名。

1日2食・断食・瞑想 生き方

一日一食、断食の方はどんなものを食べているか興味ありませんか?さぞこだわりの一品を頂いているような気がします。片岡鶴太郎さんの食事内容を紹介します。鶴ちゃんの食事は玄米・野菜・果物中心でシンプルですが、量はとても多いです。32歳のボクシング時代から1日2食で、55歳過ぎてから1日一食です。

生き方

東京の自宅近くの事務所兼遊び場「世田谷ベース」一階は車、バイクのガレージ。二階は多種多様なコレクション置き場。建物脇に、畑とビニールハウス。畑もやってるの?趣味が何個あるの?と思うほど、自由に生きている人の「頂点」みたいな方です。所さんの幸福な生き方とは?

生き方 米栽培

現代農業2022年1月号に紹介されました。創刊100周年で記念すべき1月号です。 農家の菌活最前線で、米作りに使う昆布肥料を紹介されました。ミネラルでお米が美味しくなる理由は三つです。昆布には微量ミネラルがたくさん含まれます。

ワカメ・コンブ 生き方

私が20歳のころ30年前は、大学を出て大企業に就職する。これが大道でした。今は違います。大企業でも倒産するし、リストラもします。給料も上がらないし、終身雇用もなくなりました。政府も副業を推進する時代。老後や将来も不安だから、みんなお金を使いたがらない。まさに、大変革時代です。そんな時代こそ、一次産業って大事だと思うんです。

生き方

人生100年時代、生き生きと輝いた人生がいいですよね?そのコツは、時間を忘れるほど好きなことを見つけることです。好きな事であれば、人生に目的が生まれ毎日充実した人生を送ることができます。50歳から、早めに準備しておく事です。好きな事であれば、継続できます。習慣化して毎日のルーティーンに組み込めればしめたものです。

生き方

このブログはあなたが健康で素晴らしい人生を手に入れる為のブログです。内容は、一日二食、玄米食、人生100年時代の生き方健康、長寿で人生に目的があると最高です。これがあれば正直、無敵かなと思います。